私たちに出来る事

皆さんこんにちは☆

岐阜市の広告・チラシディレクターのサノです。

 

震災からもう10日以上経過しましたが、当然ながらまだまだ被災地復興には時間がかかります。

今回はメディアが上手く活用されて国内はもちろん、海外からも多くの「援助」を受けています。

人種を越えて人と人が助け合い、必死に命を繋ごうとしている。

日本のダメージは多大ではありますが、今回の震災で学ぶべき事は沢山あると感じました。

「死」を知る事が必死に生きる事に繋がるから、今、生きてて良かったと感じたから

たとえ小さな事でも出来る事があれば貢献したいと皆が思ったのではないでしょうか。

募金や献血はもちろん、被災地を「想う」気持ちも常に有りたいと思います。

 

※献血については現在どこも大混雑しているそうです。

血液には使用期限があるようですので、瞬間的に大量な血液があっても無駄になってしまいます。

特に平日の献血や、今後数ヶ月に渡っての献血スパンが望ましいとの事です。