情報の判別

皆さんこんにちは☆

岐阜市の広告&チラシディレクターのサノです。

 

写真は少し前の物ですが、我が家の招き猫のトラ吉です。

トラ吉は勉強家で、家族が新聞を開くと必ず読みに来ます。(本当は構って欲しいだけ)

近代はひと昔とは違い、情報が溢れています。

一つの事柄に対しても様々な見解を記したものがあります。

また、信憑性の低い物も少なく有りません。

メディア業界では売名行為に近い意図で、敢えて変わった表現をする人も居ます。

ですから当然ながら、少ない情報量での「受け売り発言」は危険ですね。

しっかり情報を吟味しないと、どこかのように後から「やっぱり間違ってました」となってしまいます。

セミナーやセールスなど、人の話を聞く機会にはある程度ゆとりを保ちながら、吟味しながら聴きしましょう。(受け売りが多いかも)

 

…ってトラ吉が言ってました。

 

それではまた、ごきげんよう♪